令和の働き方について

最近キングコングの西野さんが吉本を退社するニュースを見ます。

その中のポイントの一つで「深夜にLINEで業務連絡」とありました。

令和となり昭和の様に「24時間働けますか!」
みたいな時代ではなく労働者も声を上げたり守られる時代なので突っ込まれてもしょうがないのかなと思います。

始めに僕自身は稼げるブラック企業が好きです。
しかし、今は昔と変わり労働者を守る足枷がたくさんでき稼げないホワイト企業が増えてきた印象です。

労働者の権利を守るのは大切ですが終身雇用が崩壊して企業も副業を今の時代では、このままいくと労働者は生活をする為に1社ではなく2社など複数の会社で働かざるをえない状況になるのではないかと思います。

企業も1人の残業を気にしながら雇うのではなく2社や3社で共有して定時までしか雇わない時代になるのではないかなと思っています。

もしくは会社は正社員として面倒をみるのではなく会社対個人事業主として接して仕事を割り当てる
そうすれば残業を気にせず仕事を割り当てる事ができるのではないかと思います。

どのみち会社におんぶに抱っこでは厳しい時代になっていきそうな気がします。

最新情報をチェックしよう!

社会のニュースや感じたことの最新記事8件

NO IMAGE